離島を旅することとは

日本にはたくさんの島があります。大小合わせておよそ4000の島があるといわれていますが、その中でも観光地化されたところはそれほど多くありません。なぜなら多くは無人島だからです。ですが観光地化された場所はあるのも事実です。日本の旅行の魅力はこういった島をまわることができる点ではないでしょうか。 では、離島をめぐる場合には、どのような注意をしたらよいでしょうか。基本的にどこに行くにしてもお金がかかることです。本州の中であればレンタカーなどを利用して移動したり、電車で移動することもできるためそれほどお金はかかりません。ところが、離島に行く場合には、船か飛行機で行くことになりますが、船で行く場合には飛行機で行く場合よりもお金がかかってしまいます。場所によっては飛行機で行くことができないところもありますので要注意です。

長期滞在は難しいこともある

離島といっても様々な場所がありますが、多くの島はそれほど広くありません。例えば現地に行ってレンタカーを借りた場合3泊から4泊しないと見て回れないほど観光地があるというところはまずありません。たいていは一泊二日ですべて回ることができたり、少し広い場所やれば二泊三日もすればすべての観光地をまわることができます。このように、島に行くときにはせいぜい2泊が限界なのです。このような場合、あえて船を利用して船に宿泊するという方法もあります。また目的を一つに絞り、海で泳ぐために何泊もするという方法もあります。 いずれにしても、広い範囲で旅行するのは難しいのが離島の特徴です。もちろん、いくつかの島を旅行するのであればこれらの問題は解決できますが、費用がかなり高くなってしまう点は注意をしましょう。