緊急連絡先を調べよう!

旅先でまずチェックしておくべきなのが、緊急の際に頼れる「警察署(派出所)」や「病院(診療所)」などの場所と連絡先です。 基本的に土地勘のない場所への旅行をする際は、そうした緊急連絡先を最初に抑えていると万が一の時に迅速に対応できます。意外と「事態が起こってからでも遅くはないのでは?」「連絡先なら観光マップに載っているだろうし別にいい」という方が多くいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。とくに「日本語や英語圏ではない国への旅行」をする場合、日本語・英語が通じない、かつ土地勘のない場所で、冷静・迅速に対応できるかというと、恐らく難しいのではないでしょうか。事故や体調不良の場合は、怪我をした同行者の介抱をしながらそうした場所を探さなくてはいけないので、さらに大変です。 出発前にまず大雑把な位置を、到着したら具体的なルートを知っておくのがベストです。

トラブル回避!風習や文化について調べよう!

海外への旅行の際に調べておきたいのが、「その国特有の文化」です。これは「歴史」や「郷土料理」などという観光地そのものを楽しむための知識とは別で、知らない土地でのトラブルを未然に防ぐため、「その土地でのタブーを知る」ために必要な知識です。 日本人の私たちにとって全く馴染みのない文化は、世界中に溢れています。「慣れない外国語を補助するためにジェスチャーの意味で簡単なハンドサインを使ったら、実は日本と海外で指している意味が全く違っており、それによって現地の人とのトラブルを起こしてしまった」、という例も少なくはありません。 海外への旅行をする際、現地の方々から、あなたは「旅行者」であり「日本人」として認識されます。あなたの良い行動も悪い行動も、日本人、ひいては日本そのものへのイメージにつながるため、海外での振舞いには注意しましょう。